備忘録

備忘録というなのポエム

beamerで作成したpdfファイルをslideshareにあげたら文字化けした

先日行われたprml輪講会の資料をslideshareに上げてみた所、日本語フォントが文字化けしてしまった。

 

調べてみた所、どうやらbeamerではフォントの埋め込みが出来ていないことが原因らしい。

 

まずは以下のコマンドでpdfに埋め込まれているフォントを確認

$pdffonts HOGE.pdf

 

emb(恐らく埋め込みを意味するembed)の欄がnoになっているフォントが埋め込まれていないフォント。

GothicBBBがnoになっていたので、代替フォントを埋め込むことに。

 

インストールされているゴシックフォントを探す

$fc-list | grep -i 'gothic'

 

IPAゴシックが入っていたので、それを使うことに。

IPAフォントはpdfに埋め込みok)

 

設定ファイルpdffonts.mapを作業ディレクトリに作成し、

gbm H :0:ipag.ttf

gbmv V :0:ipag.ttf

 

として保存。

 

埋め込みフォントを指定してdviをpdfに変換

$dvipdfmx -f texfonts.map HOGE.dvi

 

再確認

$pdffonts HOGE.pdf

 

GothicBBBが消え、代わりにWLALKX+IPAGothicがyesになっており、文字化けが解決した

2015年度の目標

一年の目標を久しぶりに立ててみようかと思ったのですが、2015年に入ってから早3ヶ月が経過してしまったので、2015年度の目標ということにします。

 

昨年度(2014年度)やったこと

・これなら分かる応用数学教室−最小二乗法からウェーブレットまで−

・プログラミングのための線形代数(基礎のみ)

・プログラミングのための確率統計

 

2014年度はプログラミングに必要な数学を身につけるために、上記の参考書を使いました。(学科の講義のみだと、どうしても数学が足りないので…。情報系の学部が羨ましいです)

 

プログラミングについては、講義でJavaポリモーフィズムあたり)、OpenGL(C)、MySQL(DBの設計)、Mathematica(少し触ったくらい)を、独学でPythonを勉強しました。

といっても文法が少し身に付いたかな?といった感触で、まだまだゴリゴリ書ける領域まで行けていません。

 

以上を踏まえて、今年度の目標は次のようにしました。

2015年度の目標

PRMLを読破(2016年の2月まで)

・プログラミング in OCamlを読破(2015年の8月まで)

音声認識の基礎を身につける(2016年の3月まで)

 

1、PRMLを読破

2014年の12月から読み始めました。

教授のご厚意(?)により、原著です。

日本語版で攫ったほうがいいような気もしますが、もう読み進めてしまっているので原著で行こうと思います。

章末問題を適宜読みつつ、途中出て来るアルゴリズム等をPythonOCamlで実装していく予定です。

実装は後回しになってしまうかもしれませんが、とりあえず2016年の2月までには一周するつもりです。

 

2、プログラミング in OCamlを読破

こちらは趣味で始めた関数型言語の習得のために、とりあえず一冊本を終えようと考えています。

上で挙げたPRMLアルゴリズムを実装出来る程度に扱えるようになりたいです。

 

3、音声認識の基礎を身につける

2014年の秋あたりから、音声認識の分野に突撃しました。

が、この分野、信号処理・高度な数学(機械学習 etc)を使えないと全然理解できません。

自分のやりたいことを実現するための第一歩として、PRMLと並行して勉強していけたらなあと思っています。

 

2015年度はいよいよ研究室に配属されるので、気を引き締めて勉強を進めていきます。

 

virtualboxが起動しない

virtualboxで仮想環境を構築しようと思ったら、エラー発生。

 

# Kernel driver not installed (rc = -1908)

 

rootで下記を実行しろと言われる。

'/etc/init.d/vboxdrv setup'

 

どうやらLinuxのkernelのversionの違い(Virtualboxとホストマシン)によるものっぽい。

Arch wikiVirtualBoxのページを参考にしつつ、問題解決に望む。

modprobe によって使用されたカーネルモジュールの依存関係データベースを depmod -a でアップデートしてください。

$ depmod -a

depmod: ERROR: could not open directory /lib/modules/3.17.3-1-ARCH: No such file or directory
depmod: FATAL: could not search modules: No such file or directory

 

kernelのmoduleがvirtualboxをインストールした時に新しくなったようで、再起動

 

$ sudo depmod -a # root権限でないとPermission deniedになる

$modprobe vboxdrv

$ sudo vim /et/modules-load.d/virtualbox.conf

vboxdrv

 

virtualboxを起動して、仮想環境を動かすと動いた。

OCamlメモ

※この記事は書きかけです

算術演算子

加算:+

減算:-

乗算:*

除算:/

剰余:mod

累乗:**

※floatの場合、各演算子の後に.が付く

ディレクティブ

プログラム読み込み:#use "program.ml"

gnuplotメモ

※書きかけです

 

(暫定)

set datafile separator "," # カンマ区切りに対応

set terminal postscript eps enhanced # 数式用

set output '20150128_1.eps' # 保存ファイル名

set xlabel 'x'

set ylabel 'C(x,t)'

plot "20150128.csv" using 1:2 w lp title "1/2 * erfc( x-0.1/2{{/Symbol \326}0.1})"

replot "20150128.csv" using 1:3 w lp title "1/2 * erfc( x-1.0/2{{/Symbol \326}1.0})"

replot "20150128.csv" using 1:4 w lp title "1/2 * erfc( x-2.0/2{{/Symbol \326}2.0})"

replot "20150128.csv" using 1:5 w lp title "1/2 * erfc( x-4.0/2{{/Symbol \326}4.0})"

plot "20150128.csv" using 1:6 w lp title "1/2 * erfc( x-0.1/2{{/Symbol \326}0.5})"

replot "20150128.csv" using 1:7 w lp title "1/2 * erfc( x-1.0/2{{/Symbol \326}5.0})"

replot "20150128.csv" using 1:8 w lp title "1/2 * erfc( x-2.0/2{{/Symbol \326}10})"

replot "20150128.csv" using 1:9 w lp title "1/2 * erfc( x-4.0/2{{/Symbol \326}20})"

-----

?

set datafile separator "," # カンマ区切りに対応

set terminal epslatex # 数式用

set output '20150128.tex' # 保存ファイル名

set xlabel 'x'

set ylabel 'C(x,t)'

plot "20150128.csv" using 2 w lp title "\sqrt{2Dt}"

 

-----

?

set datafile separator "," # カンマ区切りに対応

set terminal pdfcairo # 数式用

set output '20150128.pdf' # 保存ファイル名

set xlabel 'x'

set ylabel 'C(x,t)'

plot "20150128.csv" using 2 w lp title "\sqrt{2Dt}"

 

-----

postscript 

http://wwwhep.s.kanazawa-u.ac.jp/kogi/gnuplot/ps_guide.pdf

 

------

set terminal postscript eps plus

でplusモードに入れるらしいが、入れない。

→gnuolotのversion4.xから使えなくなったらしい。

→代わりにepslatexを使う

 

・凡例同士が重なる 

 set key spacing n ←数字

参考

http://gnuplot.sourceforge.net/docs_4.2/node192.html

awkメモ

用語、特殊変数

レコード…行

フィールド…行の分割された要素

$0…レコード全体

NF…処理中のレコードの、フィールドの数

NR…処理中のレコードの番号

Slim ログインマネージャが無限ループする件

Antergosのログインマネージャに飽きたので、Archロゴのarchlinux-simplyblackにすることに。 

yaorut -S slim slim-themes archlinux-themes-slim #slimを入れる

sudo systemctl enable slim.service -f #slimを有効にする 

reboot後、ログイン画面が表示…

されない

ログインが成功しても無限ループしてしまう。 

 

・解決

困った時はLinux界の羽川さんことArch linux wiki に聞こう。

Slimの単一のデスクトップ環境の項を読むと、どうやら自動読み込みを無効にすればいいとのこと。

Ctrl + Alt + F1でCUIモードに入って作業。

slim.confを編集

sudo nano /etc/slim.conf 

 

#sessiondir /usr/share/xsessions/        #コメントアウト

current_theme archlinux-simplyblack #テーマを変更

続いて.xinitrcを編集

nano ~/.xinitrc

openboxを使用しているのでopenbox-sessionを指定

exec openbox-session  

 

rebootで無事起動。試験前にトラブルダメ絶対。