農学部×Linux

農学部で情報系の勉強をしている人の備忘録。

2015年度の目標

一年の目標を久しぶりに立ててみようかと思ったのですが、2015年に入ってから早3ヶ月が経過してしまったので、2015年度の目標ということにします。

 

昨年度(2014年度)やったこと

・これなら分かる応用数学教室−最小二乗法からウェーブレットまで−

・プログラミングのための線形代数(基礎のみ)

・プログラミングのための確率統計

 

2014年度はプログラミングに必要な数学を身につけるために、上記の参考書を使いました。(学科の講義のみだと、どうしても数学が足りないので…。情報系の学部が羨ましいです)

 

プログラミングについては、講義でJavaポリモーフィズムあたり)、OpenGL(C)、MySQL(DBの設計)、Mathematica(少し触ったくらい)を、独学でPythonを勉強しました。

といっても文法が少し身に付いたかな?といった感触で、まだまだゴリゴリ書ける領域まで行けていません。

 

以上を踏まえて、今年度の目標は次のようにしました。

2015年度の目標

PRMLを読破(2016年の2月まで)

・プログラミング in OCamlを読破(2015年の8月まで)

音声認識の基礎を身につける(2016年の3月まで)

 

1、PRMLを読破

2014年の12月から読み始めました。

教授のご厚意(?)により、原著です。

日本語版で攫ったほうがいいような気もしますが、もう読み進めてしまっているので原著で行こうと思います。

章末問題を適宜読みつつ、途中出て来るアルゴリズム等をPythonOCamlで実装していく予定です。

実装は後回しになってしまうかもしれませんが、とりあえず2016年の2月までには一周するつもりです。

 

2、プログラミング in OCamlを読破

こちらは趣味で始めた関数型言語の習得のために、とりあえず一冊本を終えようと考えています。

上で挙げたPRMLアルゴリズムを実装出来る程度に扱えるようになりたいです。

 

3、音声認識の基礎を身につける

2014年の秋あたりから、音声認識の分野に突撃しました。

が、この分野、信号処理・高度な数学(機械学習 etc)を使えないと全然理解できません。

自分のやりたいことを実現するための第一歩として、PRMLと並行して勉強していけたらなあと思っています。

 

2015年度はいよいよ研究室に配属されるので、気を引き締めて勉強を進めていきます。