備忘録

備忘録というなのポエム

【論文メモ3】Reproducibility and Practical Adoption of GEOBIA with Open-Source Software in Docker Containers.

タイトル:Reproducibility and Practical Adoption of GEOBIA with Open-Source Software in Docker Containers.

著者:Christian Knoth et al.

雑誌:remote sens. 2017,9, 290

 

ざっくり:

GEOBIA(Geographic Object-Based Image Analysis)をOSや環境に依存しないように行おうというもの.

(1)異なるパッケージのソフトとバージョンの変更に対応するために,(2)複雑な解析を非専門家が行えるように,Dockerを使用した.

 

解析対象地域はスーダンで,この画像もオープンアクセス.

 

解析はOTBでPCA・セグメンテーション(Watershed)を施し,QGISでオブジェクト統計量(エッジ強度の平均)を計算.

シェープや大きさの特徴量はSAGA GISで計算.

クラスタリングなどの処理はPython

 

その後はDockerの説明が続く。

https://hub.docker.com/r/nuest/qgis-model/

 ここにそのイメージがあるらしい.

 

 感想:

筆者は「reproducibility(再現性)」と「customizability(カスタマイズ性)」にこだわっており、Githubによるスクリプトの共有だけではなく、環境そのものの構築まで再現できるようなスクリプトが必要だということがわかった。

 

また論文中に出てきた「InterIMAGE」というセグメンテーションのツールは初耳であった。もちろんOSSなので、今度いじってみたい。

 

ただSection2.4でInterIMAGEが出てきたあたりで,前後との関連がよくわからなくなった.

 

次に読みたい論文:

Knowledge-based interpretation of remote sensing data with the InterImage system: Major characteristics and recent developments. 

本文中でInterIMAGEが出てきた時に引用されていた論文。