読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農学部×Linux

農学部で情報系の勉強をしている人の備忘録。

【論文メモ10】Statistical Modeling of Polarimetric SAR Data: A Survey and Challenges

* title : Statistical Modeling of Polarimetric SAR Data: A Survey and Challenges

* Atuhor : 

Remote Sensing | Free Full-Text | Statistical Modeling of Polarimetric SAR Data: A Survey and Challenges | HTML

 

! ざっくり

PolSARの解析として、確率密度関数で各偏波のスペックルを表現しようというレビュー。

大まかに3つの章にわけられ、順にガウス分布で表現できるスペックル、非ガウス分布で表現できるスペックルとその分布、そして混合モデルを用いたスペックルである。

 

! 感想

ガウス分布の式展開を追っていっただけで力尽きた。

 

第二変形ベッセル関数が出てきて盛り上がったが、そこまで全部理解できず。

 

確率密度関数と対象とする物体の物理過程との結びつきを調べるのは面白そう。

! 次に読みたい論文